GLAMカラコンの過去と今

カラコンを着けるのが普通になったのはいつの頃なんでしょう。
それも覚えてないくらい今では当たり前の光景になったんでしょうね。
時代とともにいろんなカラコンが登場しては消えていきました。

今日紹介するGLAMは公式サイトのコピーライトでも分かるように2005年からはじまったようです。なんと今から約10年前なんです。
GLAMは個人輸入代行サイトなので、今日現在、日本の承認を受けていません。

私がGLAMのサイトを知った頃はスマホとモバイルからしか公式サイトにはアクセスできませんでした。
パソコンからはホームページを見ることすら出来ませんでしたが、今は普通に閲覧も出来ますし注文をすることもできます。

韓国カラコンといえばGLAMと思うわけ

韓国カラコンも今ではかなりの数のサイトがあります。
センスマニアやみんカラもそうですし、バンビーナやmoonにメイクルームなど数えきれないほど存在しています。
多くのサイトが取り扱い数の豊富さをアピールする中、GLAMはそれほどシリーズが増えていません。
増えても年にほんの数個くらいのものです。

  • ハーフ系のREVY
  • ナチュラル系のクチュール
  • デカ目なジル
  • デカ目にナチュラルにハーフに何でもあるロデオ

今のところこの4種類です。

この中のシリーズで増えたり減ったりする感じですね。
例えばジルでしたら、ハニーバニー、シャーベット、ピュアドロップとでて、次はハニーバニーワンデー。
2014年の10月にはシフォンも発売されましたね。
でも、何でもいいから種類が多ければよいという雰囲気ではありません。

一つ一つ愛着を持って展開してる様子が窺えます。
イメージモデルさんも可愛い人、キレイな人が多いです。

ここでしか買えないカラコンがある。そうみんなが思うから、長年人気が続いているのかなって思います。

これからも、よくあるブランドのようにばんばん新しいのを発売されることはないでしょうけど、新しいのが発売されたらわくわくする気がします。
ただ、ホームページのリニューアル後より前のほうが私は見やすかったように感じますがどうでしょう。好みの問題とは思いますけど、ちょっとそう感じました。
スマホからだとそう変わらないかもしれませんけどね。
そういえば、以前はパソコンからは閲覧も購入も出来なかったのに今はできるようになっていますね。
こういう便利さはユーザーからするととてもありがたいことの一つだと思います。
どちらかというとスマホから買う人のほうが多いとは思いますが、パソコンからのほうが使いやすいと思う人もいるでしょうから。